子育て 子どもを守る

児童虐待防止

児童虐待は、子どもの心やからだに大きな傷を与え、時には命にも関わる大変深刻な問題です。みなさんのまわりで、虐待ではないかと思われることがあれば、迷わず連絡してください。
地域に住むみなさんの気づきが、虐待から子どもを守り、子どもが健やかに成長できるための第一歩になります。

気になるとき・困ったときは
「虐待を受けたと思われる子ども」を見つけたとき、ご自身が子育てに悩んだときは、市町村の児童福祉担当課や児童相談所、いばらき虐待ホットラインにご相談・ご連絡ください。ご相談・ご連絡の秘密は守られます。

また、育児不安に関するご相談は、市町村保健センター、お近くの保健所でもお受けしております。

◆「児童虐待とは、」(PDFファイル)
◆虐待から子どもを守ろう(関係機関向けマニュアル)
◆いばらき虐待ホットライン
◆児童相談所全国共通ダイヤル(189)


「茨城県子どもを虐待から守る条例」が公布されました。


児童相談所における虐待相談件数は,年々増加しており,虐待により子どもの尊い命が失われる痛ましい事件が全国で後を絶たないなど,子どもに対する虐待は,深刻かつ重大な問題となっております。

このような中,平成30年第4回茨城県議会定例会において,議員提案条例として「茨城県子どもを虐待から守る条例」が議決され,平成30年11月19日に,茨城県条例第58号で公布されました。施行日は,平成31年4月1日となっております。

県といたしましては,この条例の制定を受け,県民の皆様に児童虐待防止への理解を深めていただきますとともに,市町村や警察,学校等の関係機関との連携強化や児童相談所の体制強化などに取り組むことにより,全ての子どもが虐待から守られ,健やかに成長できる社会の実現を目指してまいります。

【関係資料ダウンロード】
茨城県子どもを虐待から守る条例(本文)


■お問い合わせ
茨城県保健福祉部 子ども政策局
子ども家庭課 児童育成・母子福祉グループ
TEL:029-301-3247
お問い合わせフォーム