妊娠・出産 妊婦さんになったら

マタニティマークについて

「マタニティマーク」とは
妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。

国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

・妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。

・さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。






マタニティマークをつけている妊婦さんに気づいたら、やさしい言葉かけやご配慮を!!
○このマークをつけている妊婦さんを見かけたら、次のような配慮をお願いします。
・そばで、たばこを吸うのは御遠慮ください。
・電車、バス、病院などでは、座席を譲ってあげてください。
・重そうな荷物を持っていたら手伝ってあげてください。
・ぶつからないように、気をつけてあげてください。

○さりげないやさしさと言葉かけが、妊産婦たちを励ましてくれます。
妊産婦さんにやさしい茨城のまちづくりを!!



県内市町村における「マタニティマーク」に関する主な取り組み
○妊娠届出時にマタニティマーク入りグッズ(シールorステッカーorキーホルダー等)を配布しています。
○マタニティマーク啓発用ポスターを掲示し、周知に努めています。
○市町村役場に、妊婦さんが利用できる専用駐車場を設置している市町村もあります。



■関連リンク


■お問い合わせ
茨城県保健福祉部 子ども政策局
少子化対策課 総務・母子保健グループ
TEL:029-301-3257